ソーパーツ・ホルダー

Sägeteilaufnahme

ソーパーツ・ホルダー

ソーパーツ・ホルダーは、丸鋸切断機に使用するためのパーツ専用デバイスです。

このタイプの装置は、三次元ベント管のような最も多様で複雑な形状のワークピースを保持するのに特に適しています。

ご要望に応じて、自動切断機で使用する切断装置もご用意いたします。

全般

ソーパーツ・ホルダーは通常、当社の製品ポートフォリオの一部のデバイスやツールと組み合わせて使用されます。

一例:

  • フォーミング・パンチングツール
  • ベンディングツール
  • 曲げゲージ/ベンディングツール用セッティング補助装置
  • コントロールデバイス

その他、お客様のご希望に沿った組み合わせも可能です。

Sägeteilaufnahme in einer Säge
丸鋸切断機のソーパーツ・ホルダー
分解状態のソーパーツ・ホルダー
CAD 図

レイアウトと機能:

ソーパーツホルダーは、上部と下部で構成されています。

下部は、ワークピースが挿入されるレセプタクルを形成します。

パイプチャンネルの形をした輪郭がパーツホルダーに組み込まれています。これにより、最高レベルの位置精度と繰り返し精度が保証されます。
ホルダーは、手動で機械テーブルの上に置くことができます。ホルダーは2つのロックレバーで固定されます。

装置の上部は、ネジ接続で鋸盤の昇降スピンドルに接続されており、加工中にワークピースをクランプするために使用されます。

上部と下部を簡単に組み立てにより、セットアップ時間は10分以内と非常に短くなります。

写真のようなソーパーツホルダーを使用すると、1回の作業ストロックで2回の切断が可能:

  • ダブルパーツとして曲げられたパイプを2つに分離する。
  • それぞれのダブルパーツの半分を(パーツをひっくり返した後に)パイプの仕上がりサイズにトリミングします。ここで、パイプの長さは、ワークホルダに導入された固定ストッパーによって決定されます。
  • この装置の作業手順は、2つの完成した個々のパーツが、2つの作業ストロークで1つのダブルパーツから完成するように設計されます。

これは、示された(コントロール)デバイスで確認できます。このデバイスは、ダブルパーツとして曲げられたパイプの曲げゲージとしても機能します。

完成したパーツのワークピースの長さは、旋回停止装置によって照会されます。

L I N N E N B R I N K

Technik  Warburg Maschinenbau GmbH

EFE Holding Beteiligungsgesellschaft mbH の子会社

Anton Böhlen Straße 26
Industriegebiet Oberer Hilgenstock
34414 Warburg

ドイツ

お問い合わせ
電話 +49 (0) 5641 / 7474-0
ファックス +49 (0) 5641 / 2243
Eメール info@litw.de
eDRIVE APPROVED
EFE Holding Beteiligungsgesellschaft mbH